【ウイイレアプリ2020】レート1300越えが教えるパス・ポゼッションの極意!

【ウイイレアプリ2020】レート1300越えが教えるパス・ポゼッションの極意!

シュート ウイイレアプリ2020攻略へようこそ!

今回レート1300を超えた私が
パスサッカーがうまくなるための極意をお教えします!!

つい先日、レート1300を超え
日本で20位まで上り詰めました!!

そんな私は、ドリブルスキルが全くありません。
フェイントもダブルタッチぐらいしか使えないんです。

そんな私でも、これから説明することを意識しながら
レート戦をするだけで、攻撃がかなり楽になりました!

そこまで難しい解説はないと思うので、
ぜひ最後までご覧ください!!


①ポストプレイヤーを起用する

CFの選手のプレースタイルに
ポストプレイヤーというものがあります!

対応ポジション:CF

前線でくさびのボール(縦パス)を
受けられる位置にポジションを取る。
ポイントになってくれて、攻撃の起点となる。

説明にも書いている通り、縦パスを受けられる位置に
ポジショニングを取ってくれます!

なので状況に応じて下がって受けに来てくれたりします!
(右下の選手がポストプレイヤーです)

このように近い距離で三角形を作れています!

これはラインブレイカーの選手にはない動きです!
確かに裏抜けしてくれることはありがたいのですが、

中盤の選手からFWの選手が裏に抜けだして裏パスを
受けるって、攻撃として単発的すぎる印象を受けます!
実際通らずに奪われることも多数。

そこでポストプレイヤー
下がって受けに来てくれることにより、
ワンクッション入れれますし、CBをつり出せます!

その空いたスペースを他の選手が使う方が
裏パスの確実性はかなり増します!

サッカーでは足元で受けること、裏にぬけること
このどちらも大事です!!
ポストプレイヤーがいてくれることにより、
より簡単に相手のDFを崩すことができるので
かなりおすすめです!自分には必須です!!!

②三角形を意識する

これはかなり大事です!
先程のポストプレイヤーのところでも出てきましたが
パス回しにおいて三角形は非常に大事です!

三角形を作ることさえできれば選択肢は増えます。
上の状況は分かりやすいと思いますが、
マテウスは左手の選手に出すか、前の選手に出すか、
二つの選択肢ができています。

さらにそのあとのプレーのしやすさにも
つながってきます!!

左手の選手出した場合、次の選択肢は
前の選手に出すか、
前の選手のパスコースが切られた場合は
リターンでもう一度返せばいいだけです。

前の選手に出した場合は
少し上にいる相手がマークしてくると思いますが、
プレスに来たら他の選手に落とせばいいですし、
来なければ前を向く、それだけです!

このように前と後ろの選手の間に一人いることで
三角形ができ、それだけでプレーの幅は広がります!!

こうやって三角形を意識して相手を少しずつずらして
ゴールを狙っていけば案外簡単に勝てちゃいます!

③パスを出した後のことを考えておく

これは先程でもかなり説明していることですが、
相手の出方によってどこに出すか、前を向くかなどを
事前に考えておかなければならないということです!

これは三角形ができていたり数的有利の状況だと
選択肢も増えて考えやすいですよね!!

つまり三角形大事だよってことです(笑)

まとめ

いかがでしたか!?

私はこれらを意識しながらやっています!
一時は日本ランク20位まで上り詰めました!

パスで崩すのが大好きな方や
ドリブルが苦手な方はこれらを意識して
どんどんチャレンジしていってください!!

それが上達への一番の近道です!!